会社概要
理念
建築方法について
森のネットワーク
ネクサスの輪
木の家リフォーム
木家のブログ
木の家ギャラリー
ギャラリートップvol.1vol.2vol.3vol.4vol.5
■東京都八王子市 K邸  「のびしろのある家」
京王堀之内のK邸は、あまり他では見たことのない「柱の無い家」です。
構造は、4辺にある耐震壁とジョイスト梁による床版、方形屋根からなっています。2階はスラストや変形に抵抗するためのリングを備えることで小屋梁を感じさせないスタジアムのような無柱空間を創り出しています。地震などの水平力に対しても、床を剛床とすることでバランスよく周囲に力を伝達し4辺の耐震壁で抵抗します。

「家を建てる上で、建築士さんとネクサスホームさんにお願いした最大の条件は"予算"でした。自分たちが決めた予算の範囲内で建てたい家を妥協しないで創るという、とてもわがままなお願いをしてしまいました。」と笑っておっしゃる奥様。
その予算とは、一般的なローコスト住宅の80%。それならば建て売り住宅で条件に合う物件を探そうとするのが普通の方の発想。しかし、Kさんご夫妻は自分たちの建てたい、つまり住みたい家を創ることにこだわりました。

「建て売りが悪いわけじゃないですが、家に生活を合わすのか?それとも自分たちの生活に合う家を創るのか?簡単に言えば、それだけの違いでした。私たちは、後者を選んだだけです。この家が建ち、引っ越してまだ1週間ぐらいの頃、主人が『1週間しか住んでいないのに、全く違和感がないね。もう何年も暮らしている感じがする』」と言ってたのですが、それは暮らしに合った家を建てたからだと思います」。
Kさんさんはローコストで建てるために自分たちでやれることを探し、床を初めとする様々な部分の塗装を仲間と一緒に自分たちで仕上げました。結果的に自分たちの住みたい家を実現されたのです。「まだ、住んで1年ですが子供の成長などに合わせて展開していける家なので、これからもっと楽しくなると思います。満足度100%です。」
間仕切りによってリビングが二部屋に。↑2階の天井はドームのよう。
リビングだけでなく、テーブルも使用するシチュエーションによって変化する。
ホームへ前のページへもどる