会社概要
木の家リフォーム
建築方法について
森のネットワーク
ネクサスの輪
理念
木家のブログ
木の家ギャラリー
木の家リフォームトップ|木の家のススメ|くらしのタネ
■木の家のススメ
「リフォームして木の家に住むこと」
今、「終(つい)の住処(すみか)」を手に入れたいと考えている中高年層のおよそ半数がリフォームを志向していると言われています。それまで暮らしてきた住み慣れたわが家を耐震的にも省エネ的にも向上させて、健康で安全な家にリフォームする人が増えてきています。もちろんリフォーム志向の増加は中高年層に限ったことではありません。宅地価格に対してタダ同然の上物の中古住宅を手に入れたり、既存の新築マンションに満足のいかない若夫婦が築40年の古いマンションを購入し、地元の木をふんだんに使って自分らしい住まいに作り直すといった例も決してめずらしいことではなくなってきているのです。そして、最近のリフォームで注目すべき点はリフォームを志向する人たちの多くが木の潤いのある住まいへの改修を求めているということです。こうした自然志向型のリフォームは住まい手の安らぎや健康に影響を与えるだけではなく、国産材を使うということによって日本の山や森林を守り伝えていくことにも繋がっているのです。また、リフォームは自分に許された予算の範囲で好きな時に必要な部分から進めることができ、すべてを一度にやらなくてもイイという利点があります。その一方で、自宅を改築したり中古住宅を手に入れて改修する場合に、その住宅のどこがどの程度傷んでいるのか、どのようにすれば信頼のおけるかたちで改修を進めることができるのかという知識については、まだまだ浸透しているとは言えない現実があるのも事実です。

「リフォームで森と木の文化を再び日本人の暮らしの中に」
森と木の文化というものが、かつては日本人の暮らしの中に深く息づいていました。しかし、現代人の住まいにおいて木のある暮らしは忘れ去られ、継承されるべき森林や木の文化と人とのかかわりが薄らいできています。リビングや台所の愛着を感じられない壁紙や、天井の無機質なボードを取り外して、地域の山の木を暮らしの中で使ってみてください。木の温かな肌合いや香りが心を穏やかにしてくれるだけでなく、その木が育った山や森の姿を心に描きながら暮らすことができるはずです。木造住宅はもちろん、ハウスメーカーの鉄骨・コンクリート住宅も、さらにはマンションもリフォームで「木の家」に生まれ変わります。
リフォームは、暮らしを見直すこと。
(1)不具合への対応 基本的に部分的な修理なので時間も費用もさほどかからない。不具合の進行度合いによっては大規模な工事が必要となる場合もある。
(2)設備の更新 古くなった設備機器を更新するリフォームでは、買ってきて置くだけの家電製品とは異なり、専門業者による除去・設置工事が必要となります。特に、トイレ、浴室、キッチンなどの水廻りは、古い設備の撤去・配管新設・内装の一部変更などある程度まとまった工事となるため、同時にイメージ変更や最新機器の導入などの工事に発展する場合が多い。
(3)間取りやレイアウトの変更 家族構成や家族の状態、ライフステージの変化などによる使い勝手の要望に応じて、間取りや構造までを変更するリフォームの場合は、専門家による適切な計画・工事が必要となります。
(4)住宅性能向上 バリアフリー対応や耐震・制震・免震などの地震や災害対策、省エネ性能やエネルギーの運用に関する設備の導入といった基本的な住宅性能を向上させる工事は、ある程度の解体工事をともなうため、内装や設備、間取りの変更も同時に行う大規模なリフォームとなるケースが多い。
(5)イメージ変更 不具合の対応ではなく、インテリアやエクステリアのイメージを変更したり、部屋の模様替えをするリフォームでは、簡易なものであれば自分でも十分行えるリフォームです。
住宅のもつ基本性能がしっかりとした、安心できる自然素材を使った居心地の良い家
家も庭もいつも目をかけてつくり変えていくこと、少しずつ暮らしやすいように手を加えていくこと、大切に磨かれた愛着のある木の家。そこで営まれる暮らしの楽しみこそが、日本人の豊かな感性を育んできたのです。
大事なのは、まず家の現状をつかむこと。問題点がどこにあるのか、見えない部分までを把握して優先順位を決めていきます。無垢の木を扱うのなら、家の構造がちゃんとわかり、材料をよく知る人に依頼しなければなりません。要所要所に空間を彩る吟味された素材、つくり手と住まい手のセンス、誰にとっても気持ちよく暮らせるユニバーサルな空間。昔の記憶を残しつつも、しっかりとした進化を続けるシンプルでモダンなライフスタイルがわたしたちの目指すところです。
ホームへ前のページへもどる